親しい鳥夫婦との思い出

小さい頃、お兄さんと二匹の鳥を飼っていました。
その二匹の鳥は雄と雌で、夫婦でした。ずっと可愛がってますが、私は動物が好きですが、動物を触るのが苦手なので、いつもお兄さんがペットの面倒を見てました。
お兄さんがいつも鳥さんと一緒に家の近くに散歩したり遊んだりしました。でも、家の近くにもたくさんの野生の猫と犬がいましたから、いつも気をつけて外で遊んでました。いくらお兄さんが鳥さんを守っても、鳥さんは猫や犬を見たら怖がって逃げようとします。

ですから、残念な事が起こりました。ある日、いつもと同じように鳥さんはお兄さんの肩に立ってて、急に犬が隣から追いかけてきて、お兄さんが気付きませんでしたが、鳥さんが気づいて、また逃げようとしました。ですが、犬の方が早いので、ワン!と声が出ながら鳥さんさんを噛んでしまった。傷いた鳥さんをすぐお医者さんを見ても様子が悪いので、籠の中で、苦しそうな横になって、雌の鳥さんも心配の顔して、ずっと雄の鳥の周りに声を出してました。でも最後は鳥さんがいなくなって、雌の鳥も悲しすぎて無くなってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です